fc2ブログ

4月4日は国際地雷デーです

4月4日は「地雷に関する啓発および地雷除去支援のための国際デー」です。2006年に国連によって定められました。地雷は一度埋められると、誰かが踏むか地雷除去をしない限りは、半永久的にそこに残り続けます。戦争が終わり、人々が田畑を耕したり、仕事をしたり、なじみのある場所でいつも通りの生活を営んている中でも地雷の事故が起こっています。ランドマインモニター2020によると、2019年の1年間で、対人地雷・対車両地雷・ク...

地雷を見つけ出すヒーローラッツ(英雄ネズミ)

カンボジアの地雷除去に使われているネズミについての記事がありました。並外れた嗅覚(きゅうかく)を生かしてカンボジアで地雷撤去に貢献しているアフリカオニネズミの「マガワ」に、英国の動物保護団体から金メダルが授与された。人間であれば最長4日かかるテニスコートほどの範囲の地雷捜索を、約30分で終えられる能力の持ち主。1970年代の内戦期以降に最大600万個の地雷が仕掛けられたとされるカンボジアで、多くの人命を救っ...

日常生活の中で地雷事故が起こっています

<対戦車地雷の爆破事故により大破したトラクター。運転していた男性は死亡した>カンボジアでは2020年1~4月までの4か月間に、地雷や不発弾によって26人が被害にあいました。そのうち5人が亡くなり、7人は腕や脚をうしないました。そして、5月にも多くの事故が起こっています。5月5日、地雷の爆発事故により1人の男性が重傷を負いました。同じ日に不発弾の爆発により14~16歳の4人が重傷を負いました。5月13日、畑を耕していると...

4月4日は国際地雷デー

4月4日は「地雷に関する啓発および地雷除去支援のための国際デー」です。2006年に国連によって定められました。この機会に、みなさんにも地雷問題について知っていただければと思います。小学校のとなりにある地雷原 こんにちは。ピースボート地雷廃絶キャンペーンP-MACを担当している森田幸子です。P-MACは、カンボジア北部に位置するスナハイ村で、2011年から地雷除去・小学校建設の支援や子どもたちの健康を守るための手洗い...

カンボジアの地雷被害は今...

数字で見るカンボジアの地雷被害1960年代から1998年まで続いた内戦のため、カンボジアには400-600万個の地雷が残されたと言われています。人口が多い場所の地雷除去や地雷原の特定、地雷原の近くに暮らす人々への回避教育が進んだことで、あらたな地雷被害者の数は減少しています。それでも、今も多くの地雷が残り毎年人々が被害にあっています。カンボジアの地雷被害者数記録によると1979~2019年のあいだに、19,780人が地雷や不発...